バルトリン腺炎、バルトリン腺膿瘍、バルトリン腺嚢胞とは

どんな病気?

バルトリン腺は、性行為を滑らかにするために性的興奮時に薄い乳白色の粘液を分する器官です 。その分泌液を排泄する開口部が膣の入口の左右にあります。

このバルトリン腺の開口部がふさがり、分泌液が溜まって腫れている状態バルトリン腺嚢胞(のうほう)感染を起こした状態バルトリン腺炎といいます。さらに感染が悪化して膿が溜まった状態バルトリン腺膿瘍(のうよう)といいます。

バルトリン腺炎は、このバルトリン腺の開口部に大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などの細菌が感染して炎症を起こす病気です。 


バルトリン腺炎、膿瘍、嚢胞の症状

多くは片側に発症します。急性期には排泄管に炎症が起こり膣の入り口付近が赤く腫れあがり、痛みや熱感があります。
痛みは圧迫されると強くなります。

炎症によって排泄口がつまり、膿が排泄管内に溜まって膿瘍となりピンポン玉大~鶏卵大に腫れてしこりになってしまうこともあります。
これがバルトリン腺膿瘍(のうよう)です。

バルトリン腺膿瘍になると、腫れや痛みがさらに強くなり、立ったり座ったりするだけで、あるいは下着を履いただけでも痛みを生じ、発熱することもあります。

また、最初から急性期がなく、分泌液の排泄管が詰まり分泌がたまり嚢胞(のうほう)ができることがあります。
これをバルトリン腺嚢胞(のうほう)といいます。

バルトリン腺嚢胞はバルトリン腺そのものが腫れるのではなく、分泌を排泄する管が腫れて大きくなったものです。
腫れることもありますがこの場合は歩行や性交時に軽い痛みがある程度か痛みがない場合もあります。
排泄管の詰まりが解消されると腫れはおさまります。

バルトリン腺炎、膿瘍、嚢胞の治療

バルトリン腺炎は婦人科で治療を行います。

急性期の場合は、抗生物質の全身投与や消炎鎮痛などを使用して様子を見ます。また局所の冷湿布も行います。

化膿して膿が溜まっている場合は注射器で吸い出すか切開して膿を出します。

慢性化して嚢胞ができ、炎症をくり返す場合には、手術によりバルトリン腺を提出するか、嚢胞のなかに溜まった分泌液を排泄させるための排泄口を人工的につくる手術を行います。

バルトリン腺炎は一度治療しても再発を繰り返すことが多く、早期にきちんと処置しておくことが大切です。

女性の薬剤師がカウンセリングいたします

バルトリン腺炎、バルトリン腺膿瘍、バルトリン腺嚢胞は、炎症や痛みや熱感の程度や膿の有無などの症状によって使用する漢方薬は変わってきます。漢方の場合、炎症があれば炎症を抑えたり腫れや痛みを改善する漢方薬を使います。化膿している場合は、排膿を助ける漢方薬も併用します。

また、慢性化している場合や再発をくりかえしている場合は、免疫力を高めて細菌に負けない体をつくる体質改善の漢方薬を用います。免疫力を低下させる原因となる冷えや元気不足の改善などが必要になる場合もあります。いずれの場合も、早め早めの手当が有効です。

とくに、バルトリン腺炎などは外陰部や膣から子宮・骨盤内にむかって感染が進むので、骨盤内炎症など子宮や卵巣に進行すると癒着してしまい不妊症などの原因となる場合もあります。少しでも 早く進行を食い止めることがとても大切なのです。

全国から感謝のお便りが沢山届いております。
バルトリン腺炎でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

日本中医薬研究会会員 管理薬剤師 西條ゆみこ

はじめての方へ

STEP

1

お電話でご予約
025-222-8375

西山薬局は、お一人お一人の体質や症状を伺い、ご本人様にピッタリと合った漢方をお選びするため初回は30~40分お時間をいただいております。
ご相談のお時間を確実にお取りするため完全予約制とさせていただいております。

STEP

2

ご来店

ご予約時間の5分前までにお越しください。初回はじっくりお話を伺います(30~40分程度)。漢方では身体全体を診ます。訴えている症状と関係ないと思われるような睡眠・食欲・便通・汗・ストレスの有無、女性は月経周期などについてもお聞きします。
※ご予算・相談料等は下記をご覧ください

STEP

3

2回目以降のご相談

対面で相談をご希望の方はご予約願います。お時間は15~20分みてください。遠方で来店が厳しい方はLINE@やスカイプなどSNSによる相談も可能です(ご来店され二回目以降のご相談)。お薬は宅急便にて毎日発送しております。

STEP

1

お電話でご予約
025-222-8375

西山薬局は、お一人お一人の体質や症状を伺い、ご本人様にピッタリと合った漢方をお選びするため初回は30~40分お時間をいただいております。
ご相談のお時間を確実にお取りするため完全予約制とさせていただいております。

お薬のご予算

不妊症、皮膚病、難治性疾患については別途お問い合わせください
コース名 料金(税別)
漢方相談(カウンセリング・測定等)
初回のみ
(お薬ご購入の方はサービス)
3,000円/件
煎じ薬・薬草
昔ながらの煮出すタイプ
1万~1.5万円/14日
14日分からお渡しできます
エキス剤・錠剤
持ち運びに便利
すぐに飲めます
1万~1.5万円/14日
14日分からお渡しできます
煎じ薬・薬草
昔ながらの煮出すタイプ
1万~1.5万円/14日
14日分からお渡しできます

電話で予約する(タップでつながります)

025-222-8375

漢方薬の西山薬局
〒951-8067 新潟市中央区本町通四番町221
最寄駅:JR新潟駅(タクシー5分)JR白山駅(タクシー5分)
新潟交通バス停:本町通五番町
お急ぎの場合、営業時間内にお電話にてご確認ください(返信までにお時間を要する場合がございますのでご了承ください)

ご記入くださったメールアドレスに西山薬局からご返信いたします。1週間以上経過しても返信がない場合は、アドレス入力ミスが考えられ、お手数ですが再度ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

会社概要

西山薬局のご案内

明治三十四年(1901年)より漢方専門薬局として100年以上現在の店舗(新潟市中央区本町通四番町)にて変わらず営業しております。
現在ではacupuncture(鍼灸治療)も積極的に取り入れ、お客様の悩みの症状・体調・体質をじっくり伺い、オーダーメード漢方・acupuncture(鍼灸治療)の両面でサポートしています。
当店で多いご相談の内容は、1位 婦人科系疾患、2位 不妊症、3位アトピー性皮膚炎などの皮膚病、4位 糖尿病、5位 ダイエットとなります。
日本の伝統医学である「漢方薬」を使った自然な身体づくりを、サポート致します。

西條弓子

西山薬局の四代目(旧姓西山)
【ライセンス】
薬剤師国家資格
【所属団体】
新潟市学校薬剤師部会委員
全国自然薬研究会 自然薬師
日本中医薬研究会会員
新潟中医薬研究会会員
【相談内容】
皮膚病・アトピー全般、バルトリン腺炎
糖尿病・生活習慣病など

西條信義

【ライセンス】
新潟県医薬品登録販売者

学会認定不妊カウンセラー
中国政府国際中医師A級
鍼灸師国家資格
【所属団体】
日本不妊カウンセリング学会
日本中医薬研究会
新潟中医薬研究会(会長)
【相談内容】
不妊症(男女)、痛み全般、ダイエットなど

社名 (有)ニシヤマ
薬局名 西山薬局
設立 1901年 8月
所在地 〒951-8067 新潟県新潟市中央区本町通四番町221
連絡先

TEL:025-222-8375
Email:kanpou@kanpou-nishiyama.com

薬局開設許可番号 許可新市 第278号(新潟市保健所)
薬局製造販売医薬品製造販売業許可証 製販新市 第27号(新潟市保健所)
医薬品製造業許可証 製造新市 第27号(新潟市保健所)
所在地 〒951-8067 新潟県新潟市中央区本町通四番町221
その他、医薬品の区分と情報提供についてなどはPC版ページへ